いじめ調査は早い対応が大切

いじめの問題で悩み、苦しみ抱えてる方の多くは、いじめがなくなれば解決と思われがちですが、それは違います。

 

勿論それが大前提であることは間違いありません。

 

ですが、いじめられている本人の笑顔を本当の意味で取り戻せなくては解決ではありません。

 

痛み、苦しみを抱えた日々は何年たっても思い出してしまいます。人との関わり合いを自然とさけてしまう・・・本人ですらどうしたらいいのかわからないのです。

 

ご家族方は「こうすべきだ」「今後はこうしていこう」などお考えになりますが一番大事なのはいじめられている本人の本当の声を聴くことです。 

 

 

このページはいじめられている本人またはご兄弟の方がが見ることもあるでしょう。

 

しかし残念ながら探偵は未成年者の依頼を受けることはできません。ですがあきらめないで無料相談ならいくらでも受けれます。同じ悩みを抱えてる方は私を頼ってくれています。

 

ご家族に相談しにくければ私からご家族にお話ししましょう。だから絶対あきらめないで、あなたは一人ではありません。必ずあなたの助けになってくれる人はいます。

 

私は力になれると約束致します。

 

誰かに頼れるだけでそれは勇気です。勇気ある行動で輝く未来を信じること・・・それから始まります。

 

☎ 045-550-4163 担当 太田

調査方針2つやり方

いじめ調査には大きく分けて2つのやり方があります。


1.いじめを受けている本人には知らずご家族のみで秘密裏に行う方法。

2.いじめを受けている本人にも事情を話、相談したうえで調査に着手する方法。


まずはご相談ください。☎ 045-550-4163

いじめチェック項目

✔学校の話をしようとすると、機嫌が悪くなる。

✔授業参観などに来ないで欲しいと言う。

✔最近、ものを頻繁に失くす。

✔部屋に閉じこもるようになった。

✔無理に明るく振舞おうとする。

✔教科書やノートを見せたがらない。

✔友達の話題が出てこない。

✔すぐに誤るようになった。

✔服や靴を、親に隠れて洗うことがある。

✔親に内緒で、学校を休む。(学校に行ったフリをする)

✔個人面談で何を話したのかを、しつこく聞いてくる。

 

いじめられた経験のあるお子さんの担任にアンケートを実施した結果は、小学校で約4割、中学校で約3割、高等学校で約7割の担任が、「私が担任のクラスに、いじめは無い」と答えています。

 

また、いじめられた経験のある子供の保護者にアンケートを採った結果、「自分の子供はいじめられていない」、「よく分からない」と答えた保護者が小・中学校で約6割、高等学校で約8割にものぼります。

 

いじめは子供だけの問題ではなく、時には保護者や学校側の介入が必要になることもあります。

 

しかし、いじめを受けている本人は、自分で人に相談することが出来ないという場合も少なくありません。

 

うちの子は大丈夫だと決め付けるのではなく、まずはいじめられていないかどうか、気を付けて見てあげることが必要です。

 

聞き方も重要!

 

子供にたいして「いじめられてない?」などの直接的な言葉では聞かないでください。

余計に傷付いて塞ぎ込んでしまうかもしれません。

「最近、学校はどう?」「友達はどう?」など間接的に聞いてあなたが察してあげてください。

 

 

いじめられてるかもと感じたら・・・

 

いじめ問題は年々深刻化しています。

 

学校側にいじめを認めさせて対処をしてもらうにはやはり証拠をつかむことが大事です。

 

いじめはその子に一生残る傷になってしまうこともあります。

 

私どもは証拠を掴んだ後にどうすればよいかなどのご相談もおうけしております。

 

子どもたちの間だけで解決できないか?などのご相談も可能な限りお受けいたします。

 

 

いじめ調査料金 1日¥50.000~応相談

 

それぞれ違いがある調査のため料金の提示をここでは致していません。お問い合わせいただき詳しい内容と経緯をお聞かせ願います。

    

        報告書代、車両代、撮影代込み

 

スマートフォンの方は電話番号をタップしてください! 

Tel 045-550-4163 担当 太田