慰謝料請求書の内容証明郵便!

こんばんは(#^^#)

 

今日はほとんどパソコンの前で格闘していました。あまり長い時間のパソコン作業は苦手なため、普段はちょこちょこデスクワークをやってるのですが、最近は現場に出ることが多くて、少したまってしまいました。

 

 

さて今日は知ってるようで知らない”内容証明郵便”について書きます。

 

簡単に内容証明郵便とは内容を郵便局に保管して何年何月何日にこの内容の書面があり相手に郵送したかという記録です。特に法的な効力はなかったと思います。弁護士先生に依頼しなくても自分で書いて大丈夫です。

 

それぐらいならなんでわざわざ内容証明にして慰謝料請求書等をだすのか?

 

私は法律家ではないので個人的に正しいと思っていることですが、『受け取る相手が普通の郵便より重く受け止める可能性が高いから』これだと考えてます。

 

これから慰謝料請求書を内容証明郵便でとお考えの方、内容証明郵便は書き方に決まりがあるので気を付けてくださいね。

 

簡単に説明すると紙1枚につき、1行26文字以内、20行までです。そして郵便局用、自分用、相手用と3部必要ですので、用意しましょう。