友人の離婚⑦

漫画喫茶をてんてんとして、なんとか生活をしていた。



なんで自分がこんな目に合うのか、考える日々だった。



漫画喫茶で過ごすなかで辛い環境に耐える自分を見つめ直し、本当に自分が彼女と一緒にいることが嫌なんだと改めて思うようになった。



漫画喫茶生活、約1ヶ月


もう彼女もわかってくれてる、出ていってくれてる。



そんな願いを込めて友人はついに自宅に帰るりドアを開けた。