· 

夫婦関係の修復

おはようございます。太田です。

 

 

今日は、1番ご相談が多いのも関わらず1度も書いたことのないテーマです。

 

 

難しいことではあります。状況がそれぞれですし、愛情の深さもそれぞれてず。

 

 

どの状況にもあった的確なアドバイスはないかもしれません。

 

 

もちろんお電話でのご相談は数えきれないほどありました。

 

 

そのつど詳しいお話をお伺いしてアドバイスさせて頂いてますが、電話とブログでは違いがあると思います。

 

 

あくまで、私の個人的な意見として読んで頂ければ幸いです。

 

 

ちなみに何度か書かせてもらう予定です。

 

 

 

 

[夫婦関係の修復]

 

 

夫婦関係に溝が入る理由はさまざまですが、探偵らしく、不倫が原因の状況について書きたいと思います。

 

他の原因も機会があれば書きます。

 

 

 

不倫で修復ですが、大きな問題が2つあると思います。

 

 

1つめは、『自分は許せるのか』

2つめは、『相手は許されたいのか』

 

 

2つめは意味がわからないかもしれません。

 

 

不倫を悪いと思ってなく、『あなたが悪いのよ、私(俺)を無視して、こちらの気持ちも知らないで』

 

 

逆ギレ。1度も謝らない人を何人も見てきました。

 

 

あなたがどんな気持ちかは関係なく、相手の気持ちはもう無いということでしょう。

 

 

不倫は被害者のあなた気持ちしだいではありません。だから難しいのです。

 

 

相手がわからなくとも自然と見えないもう一人がいる。つまり三角関係なのです。

 

 

不倫相手がいる。逃げ場があることをふまえて下さい。

 

 

 

家庭ではあなたが怒ります。外では相手を慰める不倫相手がいます。

 

 

怒っているだけでは修復は難しくなるだけです。

 

 

人は甘い方に向かいがちです。

 

 

 

『認めてほしい』そんな気持ちがあるんです。

 

 

しかし不倫は認められません。

 

 

だから止めさせようとします。

 

 

 

ここで一番の問題は

 

 

"なんであなたが不倫の事実を知ってるか"

 

 

携帯をみた、財布をみた、バックを見た。

 

これらの理由はプライバシーの観点から相手も怒ります。

 

 

不倫してるしてないに関係なく誰でも嫌な事です。

 

 

これを言ってしまうと、相手は勝手に『私のプライバシーを侵害した、不倫も痛み分け』

 

なんて身勝手な言い分が頭で出来上がります。

 

相手も謝り難くなり、余計にもめることもあります。

 

 

 

ですので自然と知る方法で……難しいですよね。

 

 

 

友達が偶然に街で男(女)と一緒にいるところをみた。カーナビの履歴がデートスポットだった。

 

 

これはなんにも疚しいところはなく、問いただしても相手は上手く誤魔化そうとするでしょう。

 

 

離婚されるお考えなら証拠を突きつけて責任を追及、慰謝料請求で話が進むとおもいますが、修復となると話は別です。

 

 

 

不倫されても『最後に私に戻ればそれでよい』なんてセリフを聞いたことあります。

 

 

それなら我慢で解決。

 

 

『不倫をやめて反省して生活を改めるなら許す(もしくは許したい)』

 

 

これは相手の出方しだいです。

 

 

もし不倫相手との愛を取られてしまえば離婚もやむおえなくなる。

 

 

そうなっては修復できない。

 

 

もし夫(妻)が謝っても、相手は許さない。

 

この考え方もあります。

 

 

慰謝料請求は相手にはします。それなら探偵等を使い完璧な証拠で戦うしかありません。

 

 

ですが、タイミングを誤ると夫婦関係の修復が困難になることも。

 

 

 

私はまず、夫婦関係の修復が先と考えます。

 

 

まず、相手と別れさせる。相手に別れを要求するのも強いやり方だと思います。

 

 

だけど謝らせて、生活を改めるさせる手段として『相手には攻撃しない』と、匂わすのも説得の手段です。多少の譲歩も必要になることもあります。

 

 

考えて下さい。

 

 

夫婦関係の修復は"相手を服従させる"為ではないですよね。

 

 

それはもう夫婦としては求めてなかった状態になってるのでは。

 

 

許すって難しいですよね。

 

 

許す側にはいつも我慢があります。

 

 

許された側は解放されて楽になった気分があります。

 

 

それでも許すと思ったのならどうしても捨てきれないものがあるのでしょう。

 

 

話は戻りますが、どう相手を問いつめればよいのか。

 

 

探偵を使った完璧な証拠をみせるのか。

 

 

それは調停、裁判になってしまった時に使っても遅くはないです。

 

 

私の個人的な考えですのであくまでもご参考までに。

 

 

私のアドバイスは

 

 

 

"不倫してる事実を伝えるだけで、なんで知ってるかは言わない"

 

 

『なんで知ってるの』聞かれます。

 

これは認めたことになります。

 

そのことには耳を貸さずに話を進めて下さい。

 

そもそもそれを知りたいわけは"知った方法であなたを責めたいだけ"

 

 

あとはあなたの気持ちしだい。教えるも教えないも。

 

 

もちろん観念してなにも聞かないで謝る人もいます。

 

 

とにかく、謝るのか、謝らないのか。

 

 

逆ギレされたりしたら、それはもう………………

 

 

あれこれ予想して考えるより、シンプルに

 

 

『不倫をしてるね。不倫相手と別れて謝って反省するなら俺(私)も今回は許すからもう不倫相手との連絡も会うのもやめてくれるか』

 

 

『不倫をしてるね』で止めると相手の言い訳や、探りが入りやすくなります。

 

 

『この人は何処まで知ってるのか』探り探り来ますのでイライラして怒りが押さえられなくなり冷静な判断ができにくくなるかもしれません。

 

 

相手も逃げようと嘘を重て謝りづらい状況に自らおちいってしまうことも。

 

 

なので自分の言いたいことを数字でしっかりと伝える。

 

 

他にも多々言いたいことがあるかもしれません。

 

 

不倫をやめさせる事がまずは大事。

 

 

したてに出すぎたりもしないで、シンプルに伝える。

 

 

 

もう1度、愛してもらおうと愛の言葉をかけたりするのもいいかもしれません。

 

 

ただ、あなたに気持ちがないのであれば、逆効果になることもあります。

 

 

あなたが一番よくおわかりのことと存じます。

 

 

 

不倫相手を嫌いになる、忘れるのには時間がかかるかもしれません。

 

 

 

その姿をみてあなたの気持ちがどう動くかはわかりません。

 

 

もう1度だけ聞いて下さい。

 

 

許すことは我慢が必要です。許す覚悟をしておいて下さい。 

 

 

それはあなたを長い時間苦しめることになるかもしれません。

 

 

 

その時は何故、許したのかを思い出して下さい。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ゆぴんぴん (金曜日, 07 7月 2017 04:54)

    このブログ読まないよ。
    記事が出てこない