· 

GPSで浮気を調べる方法

浮気を調べるのに有効なGPSの使いかた

皆さんはGPSをご存じですか。

 

スマホや携帯についてる機能なので、一般的になりました。

 

探偵が使用するGPSは長時間バッテリー物があります。中には1ヶ月近く使用可能性なものまであります。

 

GPSは大きく分けて2つのタイプがあります。

 

1つは"リアルタイム"

使用者のタイミングでGPSに居場所確認ができるもの。

 

もう1つは"ロガー"

使用者がGPSを取り付けた期間中ログをとることができます。ただし、取り外してパソコンで確認するので、リアルタイムではわかりません。

 

どちらのGPSも主に車両の場合に使用します。

 

私はロガータイプはあまり使いませんが、事前にある程度の場所を把握したい場合は使う時があります。

 

リアルタイムはその場で確認しながら尾行可能なので、万が一にそなえて使用する事があります。

 

ただしどちらもGPSですので、ズレもあります。酷いときは何百メートルもずれることもあり場所が全く分からいこともあります。

 

過去に何度かありましたが、ラブホテルの近くに位置情報が入ったので行ってみたらとなりのマンションの工事だったり、大手家具屋の駐車場だったりと、GPSだけでの判断で不倫と考えるのは危ないことがあるのがわかっています。

 

私は浮気調査の証拠としてGPSの結果を提出することはあまりありません。実際にその場所にいた証拠写真は必ず撮ります。

 

そうでなければ、位置情報がズレていて間違ってることもありますし、最悪の場合は自作自演も可能だからです。自分でGPSを持って適当なホテルにいき、検索して"でっちあげる"こともできてしまいます。

 

なので、GPSは証拠としては弱い。

 

ですが、1回でもホテルの証拠写真があれば話は別です。GPSも証拠として機能します。その1回が大切です。それがあれば誰の目にもGPSの結果に信憑性が増します。GPSの検索結果がそのまま不貞行為の回数として認められることだってあります。

 

最近はGPSを自分でつけて調査する人も増えてますが、肝心の証拠写真必ず撮りましょう。その際はやはりプロにお願いした方が良いと思います。

GPSは浮気の証拠を撮れる日を限定するのにも使える

実際に浮気の証拠を撮った後にGPSだけは継続して調査をします。

 

先ほどもご説明しましたが、1回でもホテルの利用が証拠としてあれば、GPSでホテルが出るたびに不貞があったと判断してもらえる可能性があるからです。

 

ただしこの場合は相手は不明となります。ここがGPSの限界です。相手も特定するなら、実際に見るしかありません。

 

自分ではできないので探偵に頼む方が多いですが、GPSを付けていれば浮気をする日が特定しやすくなります。具体的に実際に会った例を紹介します。

 

1.『明日は女子会で20時に家を出るから子供をお願い』

こういわれた日に妻が車で外出した時点からGPSで位置情報を検索開始。同じ条件で出かける日は全てがラブホテルだったため、探偵に依頼した。

 

前日の依頼になってしまいますが、対応してくれる探偵社は探せば見つかります。これで無駄な調査はなく出費も少なくて済みます。

 

2.『出張で帰れない』

横浜から車で埼玉県に出張で、2~3時間ぐらいの距離なので帰れるはずと疑い、その日に絞ってGPSで位置情報を検索。夜には横浜のマンション近くに反応がある。

 

次回、帰れないと言った出張に合わせて探偵に依頼した。

 

3.『泊りのゴルフ』

ゴルフにはよく行くのだが、泊りの時が不自然。泊りでゴルフと行った時にだけGPSで位置情報を検索。結果ゴルフには行っているのだが、夕方には都内に戻っていることが判明する。

 

泊りでゴルフと言ったときにだけ探偵に依頼する。

 

 

このようにGPSはある程度、浮気をする日を特定するにも役に立ちます。毎日つけないのは車の修理などで業者に出されるとGPSがバレてしまう恐れがあるため、必要時以外は付けないことをお勧めしています。

自分で行うGPSで浮気調査の注意点

まず、リアルタイムGPSなのがロガータイプなのかですが、実際に浮気現場を撮るためにはリアルタイムでなければいけません。

 

探偵にはじめから依頼していればGPSもいらないですが、自分で撮るなら最低でも、リアルタイムGPS、相手にわからない車両(張り込みのため)、ビデオカメラ(最低でも8時間動画で撮れるもの)が必要です。

 

浮気調査を頼む前に浮気する日を特定しときたいならロガータイプのGPSが良いと思います。ロガータイプはGPSの機械そのものにデータが入るので、後で取り外してパソコン接続して、移動ルート、滞在場所を確認することになりますが、何といってもロガータイプはたとえGPSがバレたとしても誰が取り付けたかは警察でもわからないという事です。リアルタイムは通信会社と契約することになりますので、警察に届けられれば、誰のGPSかは判明してしまいます。

 

GPSでの浮気調査はその人の状況により考え方は、それぞれですがこの記事を参考にして慎重にご検討ください。