· 

浮気の証拠を隠しカメラで狙う

趣味は読書(⌒‐⌒)



どうも太田です。



先日、GPSでの浮気調査について記事にしましたが、相手のいる場所、状況で、どうしたら証拠が撮れるのかを何も書きませんでした。



なので今日は私の調査では頻繁に使う隠しカメラで撮影する方法を解説します。



まず私たちが使うのは、眼鏡型、腕時計型等もありますが、殆どはバッテリー型カメラです。いろいろ便利なんです。持ってよし、置いてよし、しかも長時間撮影可能。私たちが使うのは8時間~24時間ワイヤレスで撮影可能なものです。



持って使うのは説明はいらないと思いますので、今日は置いて使う方法を1つご紹介させてください。


まず、隠しカメラです。右がカメラ左は段ボールの切れ端です。


小さいのは段ボールの切れ端をテープでとめたものです。その上にカメラを置いて角度をつけるためのものです。

浮気の証拠撮れる隠しカメラの紹介
浮気の証拠撮れる隠しカメラの紹介

まずはこれをカモフラージュします。設置する場所にある落ち葉等を利用します。こんな感じです。

隠しカメラのカモフラージュ
隠しカメラのカモフラージュ

写真の物はただの落ち葉のかたまりに見えますが、先程の段ボールに両面テープで貼り付けてます。風などで飛ばないようにです。その下に隠しカメラがあります。



そして実際に路上に仕掛ける時はこんな感じに置きます。斜めに置くのは顔まで撮れるようにです。距離感覚や角度は経験です。

バレない隠しカメラの置き方
バレない隠しカメラの置き方

このようにして、ホテルの出入り口や不倫現場の玄関先の路上に置きます。



後は出てくるまでひたすら待つだけ。



GPSで居場所がわかっても浮気の証拠を撮らなければあまり意味はありません。



だけど、顔を見られたらすぐにバレますので自分でカメラを構えて撮るわけにはいきませんよね。



そんな時はこのやり方を参考にしてください。


自分ではやはり難しい、怖い、やはりプロにやってもらった方が安心という方はご相談ください。



ご相談は24時間無料メールはこちら➡


TEL 045-550-4163 あおしぐれ探偵事務所