· 

旦那の浮気の証拠とは

旦那に浮気を認めさせる強い証拠3選

こんばんは、太田です。

 

浮気の証拠ってどんなのが認められるのか、より強い証拠とは⁉依頼者さまからよく聞かれます。そもそも浮気ってどんな状況をさすのか知っていますか。

 

浮気って民事法ではどうなっているのかを解説しようと思います。

浮気とは不貞行為のみをさす。証拠は不貞行為の有無がわかれば良い。

浮気についてのとらえ方は人それぞれありますが、日本という国の法律では、浮気とは不貞行為となっています。正確には罰せるのは不貞行為のみです。

 

大げさな話、デートだけを何回繰り返しても特に問題はないのです。デートを何度も繰り返したら浮気されている気になりますが、民事法的には問題ないのです。

 

それでは浮気、不貞行為の証拠として認められる可能性の高いものをご紹介します。

LINE、メールのやりとり、最近は認められることも

最近では認められることが多くなった、LINE、メールのやりとりですが、内容を重視されます。

 

メールの内容が浮気、不貞行為をにおわせる内容でなくてはいけません。普通のやり取りだけでは、認められないことの方が多いみたいです。

 

例えば、旅行に行ったこと、お泊りの約束、その他、恋人同士でなければ理解に難しい内容などがあります。行為そのものの写メ、写真が一番ですが、なくても不貞があったと認められるケースがお泊りの証拠メールや恋人同士のやりとりですね。

ホテルの利用明細やレシートなど浮気と判断するに十分なもの

過去の依頼者様の中にはホテルのレシートやポイントカードを発見した方多くいます。財布の中にレシートをため込む人にはかなり有効な浮気の証拠集めです。

 

難点を言えば相手を特定できないと、デリヘル等でホテルに行ったと言い訳されることも多く、言い訳のパターンはかなりあるみたいです。実際にそういう人は世の中に沢山いるので、ホテルのレシート=浮気相手がいるとはなりにくいです。

 

ホテルに行ったレシートを発見したらレストラン等の飲食店のレシートも探しましょう。レストラン等の飲食店のレシートには利用人数と性別が印字されていることが多いです。デート後にホテルにいった証拠になりますので、デリヘル風俗だという言い訳は通用しなくなります。

探偵に依頼して浮気、不貞の証拠を取る

やはり、探偵の証拠は強いです。メールの内容、レシート等を発見された場合も確実に不貞とは認められないかもしれません。

 

あいまいな証拠だと責めるだけ損してしまう場合もあります。相手の警戒心を強くしてしまうだけで、探偵に依頼しても時間とお金が余計にかかってしまうことも多々あります。

 

探偵に依頼するメリットはやはり証拠の強さと浮気相手についてもわかることにあるでしょう。デメリットは料金がかさむこと、自分の嫌な話を説明しなくてはいけないこと。

 

ですが、探偵に依頼することが、浮気を止めさせるにしろ、離婚を考えるにしろ、第三者に確実に浮気、不貞行為があると認められる一番強い証拠である事に間違いないでしょう。

 

 

以上が、裁判等で不貞と認められる可能性が高いものです。浮気調査の料金を考えると、LINEやメールで何とかならないかと考えますが、確実に行くには、探偵に依頼するのが無難ではあります。

 

一人で考えすぎて、お悩みの方は一度ご相談ください。