· 

嫁(妻)の浮気の理由

嫁(妻)の浮気は些細なことから

浮気をする女性の共通点は、あまり人のことを考えないで自分の楽しい事、欲求を満たすことを優先することです。

 

自分の欲求を優先することは、けっして悪い事ではありません。人に苦しみを与えなければどんなに身勝手であっても問題ありません。

 

例えば好きな女性に『どこどこに行きたい』『今度の休みは○○食べに行こう』とか、相手がこちらの状態をお構いなしに言ってきても悪い気はしないものです(多少はいやいやでも)

 

可愛らしい身勝手、わがままなどは時に癒しにも似たことがあります。

 

一方で人を傷つけることに目を背けて、なにも考え無しにただ裏切るだけの身勝手には怒り以外ありません。している方は悪気もないのが多いです。

 

人は、人を傷つけることをやってはいけないとわかっています。それなのに浮気という裏切りに染まってしまうのはなぜでしょうか。

 

それは、ほんの些細な出来事から、ブレーキが外れてしまい浮気をしてしまい、相手のことが考えられなくなってしまった事から始まります。

嫁の浮気の理由は旦那絵の不満から

あるリサーチよると浮気理由の1位は[旦那への不満]です。

 

不満がない夫婦は珍しいと思います。違う個性と感性を持った2人が一緒に暮らすのですから多少なりとも不満はあるでしょう。

 

男性としてみたときの不満。一緒に暮らす家族としての不満。

 

小さな不満を積み重ねていけば大きな不満になります。皿の洗い方、休みの日にゴロゴロ、あまり話を聞いてくれない、ご飯の食べ方など、他人が聞いたらそんなことでと思うことも、毎日の積み重ねを想像できればわからなくもないです。

 

毎日の不満から解放されるために、そうではない人、つまり不満に思わない相手を探そうとします。

 

今の時代はそんな人を簡単にスマートフォンで探せてしまいます。出会い系サイト、昔の恋人、同級生など。そのなかで自分の不満をわかってくれて、共感してくれる人を無意識に探すのです。

 

無意識は止めようもなく気が付けば浮気、不倫相手との仲が深くなり泥沼状態になるのです。最初は相談相手であった人が後の不倫相手になることが異常に多いのはそのためだと考えられます。

嫁の浮気を未然に防ぐ1つの方法

こういったコラム的な内容をみていると10の方法とかが多く、そんなに多くてはやってられないのも事実です。

 

自分も頑張っているのだから相手に気を使いすぎる日常は難しいです。

 

私はいつの○○の方法という記事を見るとなんでこんなに多くのことを気を付けなければいけないのか疑問です。

 

ですから私は1つだけご紹介します。

 

[常に新しい何かを探し共に楽しめる仲であれ]

 

子供の時の親友にも似た感じです。しばらく親友に会ってなくても一たびテーブルを囲い食事でもしたら、あの頃の思い出が簡単に2人を1番楽しかった時に戻してくれます。そして[やっぱりお前とは親友だ]とまた思わせてくれるものです。

 

私は夫婦にも同様の絆を強めてもらいたいと思っています。だから2人で探し楽しみ、失敗して笑い合う。