· 

浮気調査の料金について知る

浮気調査の料金は宣伝広告費でかわる。

宣伝広告費が探偵社の値段の違いといっていいでしょう。大手探偵社ではひと月に何千万円という広告費をかけています。

 

つまり依頼者を確保するための原価が高いという事です。小さな探偵社や私立探偵は広告費にかけるより、料金を安くして、大手に対抗するしかありません。

 

仕入れの原価が高いと浮気調査の料金が高くなるのは当たり前ですね。

 

宣伝広告費をかけている=料金が高い。宣伝広告費をあまりかけていない=安い

 

という事になります。

 

私は大手探偵社の下請けはあまりやらないのですが、どうしてもと言われて手伝うことがあります。その時は時給で、調査員2名で4000円~5000円ぐらいです。つまりこれが調査にかかる原価。ビジネスですから、お客様からは原価の3倍から~5倍ぐらいの料金はほしいところです。ですから1時間、15000円~25000円なら普通の料金となります。

 

しかし大手探偵社の場合、調査員の原価以上に料金が高くなることがあります。そのわけについて以下にご説明します。

浮気調査の料金は人数と基本料金で決まる

覚えておいてください。普通の一般人を尾行するのに多くの調査員はいりません。特殊な場合は例外としてありますが、ほとんどの場合は2名~3名です。

 

当社の場合は、基本的には2名1台で行います。移動が長い場合や、チャンスが少なく撮り逃したくない場合、対象者の勤め先が大企業の場合などは3名で1台で行います。

 

もし、調査員の人数が4名以上の場合は多いです。2名で交渉して、難しい調査なら3名まで増やしてもらいましょう。

 

調査員の人数以外に高くなる要因として一番多いのは

 

ホームページに記載されていた料金は最低価格で、実際はそんなに安くできることは稀である。

 

という場合です。当社でも本当によく聞くんですが、『見積もり相談に事務所に言ったら想定していた金額よりはるかに高い金額を提示されて諦めた』と言われる依頼者様が多いです。

 

これはホームページに記載がない何らかの料金です。名目はいろいろあります。基本料金、機材費、緊急対応料金など、どこの探偵社でも電話で見積もりを言わない共通点がありますので、わかりやすいです。

 

電話で見積もりを言わない=想定より高くなる

 

電話で見積もりを言う=想定の料金である。

 

 

浮気調査の料金についてのまとめ

簡単に言えば、安い所も、高い所もやることは同じです。

 

料金が安すぎる場合は疑わしいかもしれませんが、調査員の人数は確認しましょう。調査員が1名の場合の料金かもしれません。でも1名でも十分に対応できる調査もあります。予算がない場合は1名対応ができるか聞いてみましょう。

 

料金で選ぶなら絶対に私立探偵です。その他アフターフォローやカウンセラーによる悩み相談なども欲しい場合は料金が高くても大手に依頼するのが良いでしょう。