· 

浮気をしたら家族を捨てる男の共通点

浮気男の共通点は案外少ない。

こんばんは。太田です。

 

最近になってミステリー小説にはまっています。探偵ものは読まないんですが、犯人の視点から書いてあるものを好んで読んでいます。

 

最近は小説の中に『プロファイリング』なるものがよく登場します。

 

『プロファイリング』とは統計学で「このような犯行に及んだ犯人はこのような共通点がある」と犯人の人物像に迫る捜査になるんですが、これは日本では一般的ではないですね。

 

犯罪の絶対数が少ないので、プロファイリングの材料が少ないらしいです。

 

話しがそれましたが、「このような男は浮気後に家族を捨てる可能性が高い」と判断できる共通点をご紹介します。つまりプロファイリングのようなものです。

浮気をするまでの夫は○○

今のところ90%(私が聞いた中で)家族を捨てて浮気相手に夢中になる男の共通点は、『付き合っていたころは、浮気をする前は異常に優しかった』です。

 

依頼者さまは浮気夫の話をするときに90%の人はそう言っていました。

 

私はいつも「あなたにだけ優しかったのか、人としてすべてに対して優しさにあふれていたのか」と聞き直してます。

 

殆どの依頼者さまは「私にだけ」と答えています。

 

「そういえばレストランの店員に横柄なところが」とか「車の運転の時に乱暴な運転をしていた」とかです。

 

気を付けていただきたいのは『私だけに優しくするだけならだれでもできる』ということです。人間だれでも自分をよく見せたいものです。ですからあなたには優しいふりをします。

 

週に1~2回程度しか会わない相手に自分を偽るととなんて容易いでしょう。

 

1人にしか優しくない人は、その1人が別にできれば、別の誰かにつまり浮気相手にしか優しくできなくなります。それがその人の優しさの限界です。2人の人にやさしくすることすらできません。

自分にだけ優しい人はすぐに見分けられる

本当に簡単です。そこまでしてくれるなんて優しすぎると感じたらその人は優しい人を演じています。簡単にいうと無理をしてます。

 

本当に優しい人は、あなたにだけではなく、皆に、生き物に、環境に対して優しいのです。しかも自然で無理がありません。

 

普段の行動をよく観察してください。『私以外に優しいと思える行動があるのか』をです。

 

『私にだけ優しければ良い』って思う人もいますが、その『私』はいつでも変わってしまい、他の誰か、つまり私以外の私になるのです。