· 

旦那が浮気相手を守るのはなぜ?浮気相手を本気で愛しているから守るのではない!

旦那が浮気相手を守ろうとするのは自分を守りたいからです!

あおしぐれ探偵事務所の太田です。

 

よく「旦那が浮気相手を守(庇)っている」そう聞くことがあります。守るって聞くと愛がある表現の様に思いますが、一概にそうとも言い切れません。

 

今回は探偵という目線よりは、浮気を経験している友人(男性)が多数いる私個人の意見をまとめて私なりに考察します。

 

大きな声では言えませんが私は不倫経験ありの友人知人が20人は居ます(*_*)依頼者さんとは関係ない所です。訳は前職が飲食店系のサラリーマンだからだと思ってくださいね。

 

さて、浮気旦那さんってなんで浮気したと思いますか?よろしければ先にこちらをご覧ください。

 

※すべての人に当てはまるわけではないですが、浮気する前は優しかったなんて人は以下の通りの人が多いように思います

男性の浮気は、簡単に言うと、男としての自分を認めてもらいたいという欲があるんですね。今回は性欲の浮気に関しては触りません。そんな浮気は長続きしませんし、浮気相手を、守ろうともしないでしょう。

 

正直に言うと、長く続く浮気に対して男性は悪気がありません。(女性もですが)罪意識も全くありません。あれば普通は悩み苦しみそして終わらせるでしょう。

 

終わらせると言ったのは、浮気相手との関係、もしくは、結婚関係です。

 

ここで、浮気について考えます。

 

 

家族を裏切り、信頼をなくし、日々の家庭生活では家族を騙し、欺くことが仕事になり、嘘で固めた自分をまともに見つめ返すこともなく、人の悲しみより自分のふしだらな欲求のために大切な人たちを地獄に突き落とすような行為・・・・それが不倫であり、浮気。これはされた側よりの考えとも言えます。

 

 

これを浮気している人たちからの視点で書きますね。ちょっと気分が悪くなるかもしれませんから気を付けてくださいね。

 

 

家族とは言葉だけの関係もはや同居人と言った方が正しい。

そこに自分の求めていたものは無いのかもしれない、妻(夫)は仕事や家事、子育てに追われて、恋人同士の時のような心から楽しい、愛していると思えることも無くなった。それでも結婚したからには守らなくてはいけないものもある。そんなことはわかっている。でも・・・でも、せめて、男(女)としての喜びだけは捨てたくない。それがあの人とならまだ感じられる。だからこれは悪い事ではない。自分が頑張って生きていくために必要な事なんだ・・・・そう言い聞かせ、今夜もあの人のもとへ・・・

 

はい。気分を悪くされた方がいたらすみません(/ω\)

 

恋人同士のような関係をですね・・・求めている様なんですね。まるでドラマの主人公のような・・・当然と言えば当然です。自分の人生の主人公は自分以外にないですからね。

 

で、で、で、それで、この関係を終わらせない・・・正しくは長く持たせたいと思った時にどうするか?

 

ここで、男性の必殺技

 

秘儀 あることないこと、言いまくりの術】を使います。

 

これ浮気する人たち全員が使ってると思います。

 

「本当に好きなのは君だけ」

 

「妻と別れて結婚する気がある」

 

「妻とはもう冷めきっていて会話もろくに無いから」

 

「子供も妻にしかなついてない」

 

「離婚が成立したらすぐに一緒に住もう」

 

「離婚の話しになかなか同意してくれない、もうちょっと待ってくれ」

 

「絶対に浮気はバレない。妻は俺に興味もなく話もしないからね」

 

浮気がバレたら俺が責任もって対処するから心配しなくていいよ

 

「♪愛が~1番~アイ○ル♪」ご利用はバレないように(>_<)

 

とまあ、浮気相手を安心させる言葉を適当に連発。だってこれがないと相当変わった方でなければ不倫を長く続けないでしょうね。

 

浮気関係、不倫関係は、遅かれ早かれ必ず終わる時限爆弾の様な物で、飽きられて捨てられるか、バレて強制的にお別れかの2択!それは誰しもわかっているから、浮気、不倫関係には嘘は必要な物です。その嘘がこの関係をつなぐ絆・・・絆ではおかしいか・・・えっと・・手錠ですかね。

 

とにかくこの状況には絶対にならないと言い聞かせ続けないとなりません。

 

そこで、バレたらどうなるか?離婚するなどの言葉、離婚の話し合い中などといったこと全部嘘だったなんて浮気相手に言おうものなら、史上最悪の修羅場確定です。

 

ことすでにバレた奥さんからの修羅場は回避できない。それなら浮気相手を守るしかないの一択!奥さんからの攻撃は自分で食い止めねばいけない。

 

なぜって、嘘つきまくってるからに決まっとろうが~~~~~

 

もし奥さんが浮気相手に直接行こうとなれば、浮気相手に言ったあんな嘘、こんな噓、あんな夢、こんな夢、あんな将来、こんな将来、嘘だってことが全部バレし、嘘だったことになる。

 

やばいやばい。浮気相手に嘘がバレて自分が攻撃を受ける。挟み撃ち・・・・・だめだ・・・やばい。絶対に浮気相手のところに攻撃がいかないようになくては・・・

 

ということが結果的に浮気相手を守っている様に見える場合も多いと思います。

離婚が目的なら浮気相手を守るのは当たり前!

浮気相手を守ると言っても、夫婦関係の再構築を前向きに考えている場合にはその行為はより信頼を失うことになりかねませんが、離婚となるなら別ですね。

 

浮気旦那(妻)が離婚を前提に浮気をしていたのなら、バレたとしても開き直り、逆切れ、もしくはチャンスと思うでしょうね。

 

自分から言い出すには気が引けるから、バレてよかった。これで離婚できる・・・とかですね。

 

でも、有責配偶者からの離婚はできないのではって皆さんも思いますよね。

 

その通りなんですが、まさか“浮気がバレて、浮気相手を庇い守り、反省もなく、逆切れした旦那と離婚しないなんて選択しないだろう”そんなふうに考えているかもしれません。

 

例えば、浮気されて側の人に相談されて浮気旦那がこんな人、こんな態度なら「離婚した方がいいよ」って言いますよね。

 

当然、浮気旦那もそういう状況を想定しますので、離婚できるという自信があるのかもしれません。ですから全力で浮気相手を庇うことができる。こんな態度でこれからの夫婦関係の再構築が難しくなり、寂しい、悔しい、後悔をするなど思ってない。

 

浮気相手を庇う浮気旦那はそういうことなんだと思います。

 

この状態では、我慢比べになり、浮気された側の人はかなり辛いです。

 

はじめは、経済的に厳しかったり、愛情がまだあるからと、離婚はしないと思っていても、限界がきて、両親の力も借りつつも、離婚しようと思ってしまいますね・・・・相手の思い通りですけど・・・

浮気の証拠がなければ浮気相手を庇うこともあります!

浮気の証拠がなくても、浮気された側が確信している場面も考えられます。

 

浮気の証拠がないが、状況証拠はそろっている。浮気旦那に浮気を認めさせようと問い詰めて、浮気相手がだれかはかせようとする。そんなことをやってしまう人もいるでしょう。

 

この場合は本当にしていないか(未遂も含む)、逃げ切れると判断しているのどちらかですね。

 

浮気は認めたら負け

 

これはもうことわざレベルです。

 

決して認めることは無いでしょう。実際にこんな事例があります。

 

夫婦での話し合いでは、浮気を認めたが、調停になり否認にかわった。確たる証拠もないので、言い逃れされてしまい、慰謝料は貰えなかった。

 

これは、録音データがあればよかったんですが、怒りで冷静さを失い用意しないで浮気を問いつめたことが敗因ですね。

 

認めたとしても、自白の強要などは気をつけましょうね。

 

もし、浮気の証拠がなくお困りでしたらあおしぐれ探偵事務所までご相談ください。

 

 

LINEで無料相談、お見積り開始しました!お見積もりは以下の内容にお答えください。

 

●調査のジャンル(浮気調査など)

●調査開始場所の地域(町名までで大丈夫です)

●調査開始場所の出入り口の数(対象者が利用しないものは数えない)

●証拠は何回必要か(相談してから決めたい場合は1回としてください)

●対象者の移動手段(徒歩、電車、車、バイク、自転車など)

●およその調査時間(開始時間~終了時間)

●対象者の警戒度(あなたが浮気を疑っていることを知っているかなど)

※上記の内容をコピペしていただくと便利です。

※ご相談だけの場合はお答えしなくても大丈夫です。

 

メールとお電話でも無料相談、お見積りが可能です!

☎045-550-4163 24時間受付中!