· 

浮気妻は昼顔妻と言われる所以とは!妻の浮気に気が付けない男たち!

昼顔という花
昼顔という花
昼顔のアップ写真
昼顔のアップ写真

隠れるようにひっそりと咲く昼顔妻の心理

あおしぐれ探偵事務所の太田です。今回はまたまた昼顔妻についてです。

 

ちなみにドラマ昼顔は浮気をされる旦那さんとはこういうタイプの男性だ!的なつくりと、不倫妻の心理を描いてましたが、私、探偵がこの昼顔という花を見て思ったことを書いていきます。

 

昼顔はこの写真の様に路上にひっそりと咲いています。私も長く同じコースを愛犬ピノと散歩してますが、初めて気が付きました。

 

なるほどね。昼にひっそりと咲き、夕方にはとじはじめる。小さな花だが美しい・・・

 

しかも、強い。しかし儚いようにも見える。花言葉も

 

“失われた希望“

 

“優しい愛情“

 

なるほど。単純に昼に咲いてるからだけと思っていましたが、浮気妻のイメージに合うんですね。でも浮気妻の実際のイメージは花ではなく毒のような気もしますが・・・・

 

さてここからが本題です。

 

昼顔妻に気付けない夫は2パターンです。これはドラマでも実世界でも同じです。

 

1、妻は満足していて、不満は無いと思い込んでいるタイプで自分に自信があり、プライドが高く、妻より自分の方が上と思っている。

 

2、妻はそんなことしないと勝手に思い込み、事実を見ないようにするタイプ。優しい性格があだとなり、残酷な事実から目を反らしたくなる。

 

とまあこの2つですね。どちらの方も昼顔妻が油断して大きなミスをしない限りは表情や、機嫌、行動や言動、しぐさから察することが難しいです。

 

1のタイプの人は気が付く=調べるになりやすいですが、2のタイプの人は最後まで事実を見ようとしないときもあります。

 

ここで実際にあった2のタイプの方の浮気調査例をご紹介します。

 

※実際の浮気調査を本人が特定できないように変えて再構築した半ノンヒィクションです。

 

 

あおしぐれ探偵事務所にこんな相談が・・

 

「すみません。私じゃないですが、友人の妻の浮気調査をお願いできますか」

 

「えっとですね。どいう事ですか」

 

「友人が離婚をすることになりそうです。その友人は離婚を回避しようと頑張っていたが、奥さんの方は離婚離婚の一点張りで譲ろうとしない」

 

「はい。それで」

 

「そんな相談を何度か聞いた時、私は友人に聞きました。奥さんは男がいるんじゃないの?心当たりは無いのか?」

 

「それで友人は何と言ったんですか」

 

「心当たりはない事は無い。ほんの少しだけど疑ってる。でも証拠もないし聞いても否定されたからそれ以上は妻に何も浮気については聞いてない。そう言ってました」

 

う~ん。本人からの依頼じゃないとな~まさかそれで浮気調査をするように私に説得しろという事ですかね。それは困る。

 

「すみません。お話しは分かりましたが、当社にどのようなご相談ですか」

 

「依頼料は私が払うので、友人の妻の浮気調査をできませんか?」

 

驚いた。何十万もする依頼料を友人のために出すと言っているのだ(';')

 

「ご友人のためにそこまでするんですか?」

 

失礼と思いつつも聞き直す。

 

「はい。だって悔しいじゃないですか。あいつは頑張ってたんですよ本当に。家庭のため子供のため、独身時代は毎日のように飲んでたお酒も、趣味の車も全部やめて頑張ってたんです。俺はそれをそばで見てて知ってます。だからそいつの奥さんが裏切って、あいつを捨てるようなら許せないですよ」

 

すごくわかる。激しく同意!

 

時に自分の事でなくても本気で応援できる、悔しさや悲しみを共感できる友人は存在する。親友というやつですね。

 

そうなるとその思いに応えたいと思うのが人情ですね。

 

「わかりました。ひとつだけ条件があります」

 

「なんですか」

 

「契約書だけはそのご友人に書いてもらいます。その後はご相談者様とのやりとりで浮気調査をしてもかまいません」

 

「わかりました。説得してみます」

 

「よろしくお願いします」

 

その後、友人は浮気調査に同意。しかし契約書を交わしている時のご友人は私から見たら乗り気ではなさそうでした。最後には「私は妻の浮気は無いと思っています」

 

そういわれました。

 

実際に調査に入ると、依頼者本人ではなくご友人さんとのやりとりになり、依頼者さまとは連絡できませんでした。

 

料金を支払うのがご友人であるのでこちらとしては問題ないのだが、調査1日目で男がいることが発覚して調査報告をしようと、写真などをまとめている時にご友人から電話が

 

「すみません。調査は今日で中止にできますか」

 

「別に大丈夫です。ご契約もとりあえず1日分でしたので」

 

なんとなくそんな気がしてたんですね。私は

 

「友人がどうしても知りたくないと言い出しまして・・・もう限界みたいです。知ってもどうにかする気力もないし、それならしらない方が・・そういいだしまして」

 

「そうですか。依頼者本人の意思が尊重されるべきと存じます。こちらとしては残念ですが、知らない方がいい時だってあるんだと思います」

 

「そうですね。無理矢理浮気調査を決行しても彼を傷つけるだけかもしれないと思いました。すみませんが今日で中止で」

 

「結果はどうしますか?」

 

「う~ん・・どうしようかな俺だけ聞いてもいいですか」

 

「はい。報告何もなしで料金を頂くのもあれなんで」

 

「じゃああいつには言いませんが一応聞きます」

 

「はい。奥さんは黒です。夕方のパート終わりに男と3時間ほどホテルに行きました。相手は同じお店のスタッフでしたね」

 

「やっぱりそうですか・・・・・でも知らない方がいいというので黙っておきます。ありがとうございました」

 

そう。依頼者本人が結果を知らないままで調査が終わりになる。黒なのに・・・やりきれない思いと、知らぬが仏って本当だなって思った調査でした。

 

ちょっと例が長くなってしまいましたが、気が付いても相手を信じたい、傷つきたくいないという気持ちで事実から目を背ける人もいます。私はそれを否定しません。

 

実際の昼顔妻の怪しい行動を解説

実際の例に出したこの昼顔妻さんは、旦那さんに怪しまれることなく無事離婚をすることができたのです。

 

しかし浮気を怪しまれたの事実です。実際の旦那さんは少しでも、友人は調査料金を払ってもいいというぐらい奥さんの浮気を確信していました。その理由とはなんでしょうか。

 

考察します。

 

まず、夫婦う仲が悪くなった時と、奥さんがパートにでた時期がかぶる。

 

当然、浮気には新しい出会いが必要です。生活が変わる=出会いがある。

 

パートや転勤、部署移動などと同時期に不倫を始める人は少なくありません。もちろん不倫をするためにパートに出たわけではないと思います。

 

最初は日勤(15時まで)のだったのにパートを初めて半年目ぐらいで、夜勤も入れるようになった。

 

はい。これは夜に会うための手段として、夜勤も始めたんですね。本当に夜勤の日もあれば浮気相手とのデートの場合もあったでしょう。

 

 

離婚を急ぐ理由がない。

 

そうですね。普通に性格の不一致でしたら、別居という手もあります。とりあえず一緒に生活しなくて済むので、性格の不一致で不仲の夫婦であればこれで半分の問題は回避したと言えます。その後にゆっくり離婚協議書をまとめ離婚すればいいだけです。別居を通り越して離婚したい理由として、依頼者本人によほどの問題がない限りは、奥さんの不倫以外に考え付きませんね。

昼顔妻は外出時間を長くしたがる

最後に昼顔妻がよく使う、浮気相手と会うために外出時間を長くする方法をご紹介します。心当たりがあれば専門家にご相談くださいね。

 

●夜にスポーツジムに行くようになる

 

●急に映画に興味を示すようになりレイトショーを見に行くようになる

 

●人が足りないという理由で夜もパートに出るようになる。

 

●夜間にウォーキング(1時間以上)を始める

 

●1人の時間が欲しいと言い出し、子供を旦那にあづける日を作ろうとする。

 

●急に夜に誘ってくる友達ができる(共犯の可能性あり)

 

以上になります。他にも方法は沢山ありますが、上記に示した方法は実際にいろんな昼顔妻が使った方法です。

浮気妻に悩んでいたらご相談ください!

LINEで無料相談、お見積り開始しました!お見積もりは以下の内容にお答えください。

 

●調査のジャンル(浮気調査など)

●調査開始場所の地域(町名までで大丈夫です)

●調査開始場所の出入り口の数(対象者が利用しないものは数えない)

●証拠は何回必要か(相談してから決めたい場合は1回としてください)

●対象者の移動手段(徒歩、電車、車、バイク、自転車など)

●およその調査時間(開始時間~終了時間)

●対象者の警戒度(あなたが浮気を疑っていることを知っているかなど)

※上記の内容をコピペしていただくと便利です。

※ご相談だけの場合はお答えしなくても大丈夫です。

 

メールとお電話でも無料相談、お見積りが可能です!

☎045-550-4163 24時間受付中!