不倫調査編 報告

こんばんは(^◇^)あおしぐれ探偵事務所の太田です。

 

【不倫調査編】の最終回です。

 

 

調査結果を報告するために後日、依頼者様とお会いした。

 

『今回の浮気調査で奥さんには男性の影がある事がわかりました』

 

『ジョギングは多分ですけど、男と会うための口実ですね』

 

依頼者様はため息をついた後、語りだした。

 

『本当に驚いています』

 

『妻には黙っておきます。今回はありがとうございました』

 

『こちらこそ、それで次回の調査ですが』

 

依頼者様は私の言葉をさえぎった

 

『次回は結構です。約束の日がありますので』

 

約束の日とは離婚予定日のことだ。

 

 

『でも奥さんには不倫相手がいる可能性が高いですよ。それでも言われたとおりに離婚されるのですか』

 

冷めてるコーヒーを口にしてゆっくりと語ってくれた

 

 

『離婚はかなり前から言われてました。私はずっと反対してきましたが、妻のたっての願いという事で2年間も言われ続け、離婚を受け入れました』

 

 

 

『はあ、ですが・・・・・』

 

 

『いいんです。妻は離婚ができるとなってから、明るくなり、楽しそうでした。私はもういいのです』

 

 

『真実がわかった。それだけで、あんなに楽しみにしている離婚予定日を変えることはできませんよ』

 

 

 

言葉を失うとはこの事だ。全くかける言葉が見当たらない。

 

これ以上はもう・・・・

 

 

『わかりました。では今回はこれで』

 

写真と報告書を渡し私は席を立った。

 

 

『ありがとうございました』

 

 

それ以来、その後の依頼者様はわからない。

 

 

~おわり~

 

 

 

感想

 

 

こんなこともあるのかと、驚きましたが、気持ちはわからないでもなかったです。

 

『別れても幸せになってほしい』たまにそんな嘘みたいなセリフを聞くことがあるが、そういう事なんだろうなと。

 

別れる理由さえわかれば思い残すことはないのでしょう。

 

私にはなんとなくわかります。皆様は理解できますか?